書体へのこだわり

イメージ画像

さて、銀行印にオススメな書体が二つあります。
篆書体と、印相体と呼ばれる書体です。
この二つの書体はともに模倣されにくいので、防犯対策としてはとても効果が高いと思われます。
この二つの書体はどちらも、中国文字が由来となっていますので、日本漢字とは違う、
異なったイメージをしているので、日本人には難しいようなのです。
その特性からか、偽造されにくいため、印鑑を作る際には人気の高い書体になっているようです。

まず篆書体はとても古い書体で、書体の中でも一番古いものとされています。
始皇帝の時代に、もともとあった文字をこの書体に統一したそうです。
日本のお札に押してある印鑑はこの書体なのだそうで、お金繋がりで、銀行印に書体に採用している人もいるとか。

もう一つは印相体と呼ばれる書体です。
篆書体から派生して出来た書体です。
こちらは別名、吉相体とも呼ばれています。
というのも、まず模倣されにくく悪用されにくい書体であるので、そう呼ばれているということ。
そして、文字が中心から八方に流れるような書体であることから、
縁起のいい文字として開運印鑑に使われる書体なのだそうです。
末広がりは我が国では縁起のいいものとして、扱われていますからね。

この二つの書体が防犯対策としてはオススメです。
あまりに文字が読めなくて嫌だという方には、古印体でしたら、いいかなと思います。
この書体は日本で作られた、印鑑のための書体なんですよ。
ならないように、こだわって銀行印を作るのをオススメします。



このページの先頭へ