銀行印のこだわりの必要性

イメージ画像

銀行印は、金銭面での自分の分身です。
この銀行印というものは、口座からのお金の出し入れにも使用するという、
自分の生活において、とても重要な役割を担っているわけです。
この印鑑が、悪用されて自分の口座から簡単にお金を出されてしまっては、
自分の生活がいともたやすく脅かされてしまうのです。
そうならないように、ちゃんと防犯面を考えて、銀行印にはこだわるべきなのです。

そう簡単には悪用されないと思っていませんか?
実は印鑑というものは、案外、簡単に偽造されてしまうものなのだそうです。
印鑑をポンと紙に押したその跡(印影)によって、簡単に模倣し、偽造が出来てしまうのです。
たとえば銀行印と認め印が同じだった場合、どこかに会員登録した時に押したその跡によって、
偽造されてしまう可能性も否定は出来ない、ということです。

さて、あまり一般的にこだわりを持って、銀行印を持っている方は少ないように思えるのですが、どうでしょうか?
上記のようなことも考えられるような、そんな時代になってしまったのですから、
自分の身は自分で守るためにこだわり、防犯対策をした方がいいと思います。
印鑑での防犯対策は、彫ってもらう字体を難しいものにするのが一番です。
読めないくらい細かく難しい字体にすれば、簡単には真似することは出来ないです。

オススメなのは篆書体や印相体。
どちらも中国漢字がベースになっていますので、なかなか読めないです。
行印が悪用されたら大変なことになります。
そうならないように、こだわって銀行印を作るのをオススメします。



このページの先頭へ