印鑑とは

イメージ画像

印鑑と普段の生活って、切っても切れないものがありますよね。
日常で暮らす分にはあまり使わなくても、支障がないのですが、ここぞという時にはその力を大いに発揮し、存在感をアピールしてきます。 まるで水戸黄門の印ろうかのような、そんな威力も発揮することもある印鑑。

この単なる捺印するものは、実は結構奥が深かったりします。
簡単、単純なものほど奥が深いのが、世の常なのかは分かりませんが、結構これが面白いんです。
たまにしか使わない印鑑でも、凝ってみるのも非常にハマりますよ。

まず、印鑑の種類をご存知ですか?印鑑の種類って?と思われるかたもいらっしゃるかもしれませんね。
印鑑には種類があるんですよ。
まず実印。
これは法的な威力のなる印鑑で、自分の分身とも言うべきものです。
役所に実印登録をし、印鑑証明を発行してもらいます。
不動産の売買や、遺産相続など人生での大きな分岐点の時に使用したりします。
日頃、宅急便の荷物を受け取ったり、会員登録する時に使っているのは認め印というもの。
これはあまり大事にはされていないですが、公的な威力は実印さながらにあります。

そして銀行印があります。
銀行で口座を開設し、通帳を発行してもらう時に登録した印鑑が、銀行印になります。
銀行の口座の印鑑ですから、金銭面で重要な役割のものになります。
この銀行印が悪用されたら大変なことになります。
そうならないように、こだわって銀行印を作るのをオススメします。

印鑑の格安
URL:http://www.at-hanko.com/
納品書 印鑑

このページの先頭へ